小児喘息とは?

生活環境やライフスタイルの変化を背景に、アレルギーを持つ患者は増えており、喘息を発症する子供も増加してきています。この病気にかかると呼吸が苦しそうな状態になるので、子供がかかるとパパやママは心配になってしまいますよね。今回は、小児喘息とは?、原因や症状、治療・対処法のほか、発作を予防するためにできることをご説明します。

私たちは日々呼吸をしていますが、そのときに空気の通り道になるのが「気道」です。鼻や口から吸い込まれた空気は、喉から気管を通って「気管支」という分岐点を経て、左右の肺へと送られます。

「気管支喘息」は、様々な要因で気道の粘膜に炎症が起こり、気道を通るあらゆるものや刺激に対して敏感な状態になることで、気道と気管支が急に収縮して狭くなり、呼吸困難になる病気です。

厚生労働省によると、気管支喘息の60~70%は2~3歳までに発症し、子供のときに呼吸困難や笛の音のような喘鳴といった症状が見られるものを「小児(気管支)喘息」といいます。1歳未満の赤ちゃんの咳がゼロゼロしている場合、気管支喘息ではなく、喘息様気管支炎などウイルス感染性の気管支炎であるケースがほとんどです。

小児喘息の原因は?

気管支喘息の原因はいくつか考えられますが、小児喘息の場合は、アレルギーによって発症する「アトピー型」が90%を占めます。

たとえば、ダニやハウスダスト、かび、ペットのふけなどのアレルゲンを吸い込んでしまい、気道や気管支の粘膜がアレルギー反応を起こすと、炎症が起こります。

両親のどちらかが小さかったころに気管支喘息だったり、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー体質だったりすると、その子供にもアレルギー体質が遺伝し、小児喘息が見られるケースが多いとされます。

ただし、喘息を発症するメカニズムはアレルギーだけでは説明できない部分もあり、風邪やインフルエンザなどの気道感染ウイルスや、たばこの煙、薬、ストレス、寒暖の差などが原因で発症する「非アトピー型」というタイプもあります。