小児喘息とは?

生活環境やライフスタイルの変化を背景に、アレルギーを持つ患者は増えており、喘息を発症する子供も増加してきています。この病気にかかると呼吸が苦しそうな状態になるので、子供がかかるとパパやママは心配になってしまいますよね。今回は、小児喘息とは?、原因や症状、治療・対処法のほか、発作を予防するためにできることをご説明します。

私たちは日々呼吸をしていますが、そのときに空気の通り道になるのが「気道」です。鼻や口から吸い込まれた空気は、喉から気管を通って「気管支」という分岐点を経て、左右の肺へと送られます。

「気管支喘息」は、様々な要因で気道の粘膜に炎症が起こり、気道を通るあらゆるものや刺激に対して敏感な状態になることで、気道と気管支が急に収縮して狭くなり、呼吸困難になる病気です。

厚生労働省によると、気管支喘息の60~70%は2~3歳までに発症し、子供のときに呼吸困難や笛の音のような喘鳴といった症状が見られるものを「小児(気管支)喘息」といいます。1歳未満の赤ちゃんの咳がゼロゼロしている場合、気管支喘息ではなく、喘息様気管支炎などウイルス感染性の気管支炎であるケースがほとんどです。

小児喘息の原因は?

気管支喘息の原因はいくつか考えられますが、小児喘息の場合は、アレルギーによって発症する「アトピー型」が90%を占めます。

たとえば、ダニやハウスダスト、かび、ペットのふけなどのアレルゲンを吸い込んでしまい、気道や気管支の粘膜がアレルギー反応を起こすと、炎症が起こります。

両親のどちらかが小さかったころに気管支喘息だったり、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー体質だったりすると、その子供にもアレルギー体質が遺伝し、小児喘息が見られるケースが多いとされます。

ただし、喘息を発症するメカニズムはアレルギーだけでは説明できない部分もあり、風邪やインフルエンザなどの気道感染ウイルスや、たばこの煙、薬、ストレス、寒暖の差などが原因で発症する「非アトピー型」というタイプもあります。

小児喘息の症状と治療

乳児ぜんそくとは、2歳未満の赤ちゃんのぜんそくを指します。生後6ヶ月頃から乳児ぜんそくを発病する赤ちゃんが出てきます。乳児ぜんそくの診断としては、2歳未満のお子さんが、息を吐いている時にゼーゼー・ヒューヒューという喘鳴を3回以上繰り返すことということが、小児気管支喘息治療管理ガイドラインで示されています。

3回以上というのは3回の呼吸のことではありません。一回目の呼気性喘鳴が起こった後、音が消えてから一週間以上たったにも関わらず、再び呼気性喘鳴が出た場合を2回目とします。このようなことが3回以上繰り返されるということが診断の一つの目安となっており、医師も乳児ぜんそくの可能性が高いと考え対応していると考えられます。

●ぜんそくの症状として、咳、たん、喘鳴(、呼吸困難(息苦しさ)などの発作が現れます。ぜんそく発作は夜寝ているときに現れることが多く、起きてしまったり、咳き込んで吐いたりします。また発作がひどくなると、息を吸うときに胸がへこむ陥没呼吸、横になれずに座り込む起座呼吸(が現れます。酸素不足になり、唇や顔色が青ざめ、紫色になるチアノーゼや、意識がなくなることもあり危険な状態です。

●治療は、発作がおこったときの対処と、発作がおこらないようにする予防的治療の2つです。発作の治療には、水分補給や酸素吸入など呼吸困難に対する一般的な治療と、発作に対する薬物治療とがあります。家庭では水分を十分にとらせます。薬は、まず気管支を広げるβ2刺激薬を使います。吸入するのがもっともよいのですが、吸入できない場合は飲み薬もあります。ほかに、テオフィリンというカフェインに似た薬(飲み薬と注射があり、血中の濃度をはかりながら使用)や、乳児のかぜが引き金でおこる発作によく効く抗コリン薬を吸入したりします。重症の場合は、炎症をしずめる効果が大きい副腎皮質ホルモン(ステロイド)を短期に内服するか、注射する場合もあります。

小児喘息の診断と治療

小児喘息の定義は、「発作的に喘鳴を伴い、呼吸困難を繰り返す疾患」です。これには個体因子(両親からの遺伝や体質)と環境因子(アレルゲンや受動喫煙など)が絡み合って発症します。気管支に慢性的な炎症があり、気道過敏性により気管支の粘膜がむくんで気管が狭くなります。たんが増え呼吸が苦しくなり、ヒューヒュー、ゼイゼイという喘鳴(ぜんめい)音が聞こえるようになります。

●小児喘息の診断
乳児ぜんそくの診断としては、2歳未満のお子さんが、息を吐いている時にゼーゼー・ヒューヒューという喘鳴を3回以上繰り返すことということが、小児気管支喘息治療管理ガイドラインで示されています。3回以上というのは3回の呼吸のことではありません。一回目の呼気性喘鳴が起こった後、音が消えてから一週間以上たったにも関わらず、再び呼気性喘鳴が出た場合を2回目とします。このようなことが3回以上繰り返されるということが診断の一つの目安となっており、医師も乳児ぜんそくの可能性が高いと考え対応していると考えられます。

●小児喘息の診断
►長期管理薬
吸入ステロイド薬は、喘息治療の第1選択薬です。ステロイドというと不安になる方も多いとは思いますが、現在では吸入ステロイドが一番効果的で副作用も多くないという研究結果が出ています。なぜなら、吸入ステロイド薬では直接気管支に作用するので必要な量も少ない(飲み薬の場合の1/1000ほど)からです。ただし吸入ステロイド薬の使用後は、必ずうがいをするようにしましょう。のどについたステロイド薬を洗い流し、カンジダ症などを予防するためです。
►発作治療薬
喘息の発作時の中心的な治療薬である気管支拡張薬です。発作の治療は大抵の場合病院内で行われます。 処方薬と違い薬局のように薬の明細が手渡されません。カルテには治療の記録として残っているはずですが、患者の立場でも、どのような治療薬が使われたのか、そのつど確認する必要があります。それは、次の予防の治療プランを立てるときに、症状にあった一番良い治療方法を選択するため、お医者さんだけでなく、相談して決める私たち両親にとっても必要不可欠な知識となります。

小児喘息の予防方法

小児喘息の定義は、「発作的に喘鳴(ぜんめい)を伴い、呼吸困難を繰り返す疾患」です。これには個体因子(両親からの遺伝や体質)と環境因子(アレルゲンや受動喫煙など)が絡み合って発症します。気管支に慢性的な炎症があり、気道過敏性により気管支の粘膜がむくんで気管が狭くなります。たんが増え呼吸が苦しくなり、ヒューヒュー、ゼイゼイという喘鳴(ぜんめい)音が聞こえるようになります。ここでは、小児喘息の予防方法を解説します。

●部屋を清潔にし、季節によっては外出時にマスクをつける
ハウスダストや花粉が原因で、喘息の発作が起きる場合があります。ハウスダストは掃除の仕方によってかなり軽減できるでしょう。掃除をこまめにして部屋を清潔に保つことが大切です。また、花粉の季節は外出する際にマスクを付けましょう。家の中に入る際は服を払い、花粉を家に入れないようにしてください。
●季節の変わり目には服装などに気をつける
季節の変わり目は気温が不安定になりやすく、喘息の発作も起こりやすくなります。特に秋から冬へ季節が移る際は、服装などに気を配りましょう。
また夜遊びなども控え、体に疲れを残さないことが大切です。
●心配しすぎも逆効果
子供が喘息を発症した場合、親は心配でたまらないでしょう。しかし体調を気遣うあまりつい口うるさくなってしまうと、逆にそれがストレスになって発作が起きやすくなってしまいます。
●小児喘息だからといって毎日安静にしているわけにはいきません。子供は、大事な成長過程にあるわけですから、遊びや運動も必要です。学校に通うようになれば勉強や団体生活にもついていかなければなりません。できるだけふつうの子供と同じ生活をすることが治療の目標になります。
●治療
喘息は薬で症状をコントロールできる病気です。また成長して体に抵抗力がついてくると、症状が軽くなっていくケースもあります。ですから喘息の発作の引き金になりそうなこと以外は、子供の行動を制限しないようにしましょう。症状によって対応は様々ですが、主に吸入ステロイド薬を中心に継続的な治療を行うことになります。アレルギーの元となるものを排除するよう住環境を整え、室内の空気をキレイに保ち、子どもの体を鍛えて免疫力を高めることも大切です。

小児喘息の原因の紹介

子供が咳をしているので風邪かと思っていたら、ゼーゼーしてきた。胸が苦しそうに動いてあえぐように呼吸をする。こんな症状が繰り返していると、小児喘息が考えられます。小児喘息とはどんな病気なのか、予防して管理するにはどうすればよいか、正しい知識を持って負担なく治療を行うために、今回は小児喘息の原因について説明します。
(1)気道炎症
喘息発作のほとんどは、ウイルスの感染(いわゆるカゼ)とアレルギーの原因になる環境性抗原(ダニ、ハウスダスト、動物の毛、フケ、カビなど)を吸い込んで、気管支粘膜で免疫反応が起こるために、ヒスタミン、ロイコトリエン、化学伝達物質が遊離され、マスト細胞、好酸球、好中球、リンパ球によるアレルギー性炎症反応がおこります。これが長期間続くため「気道の慢性炎症」がおこっているといいます。
(2)気道過敏性
気道過敏性とは簡単に説明すると、冷たい空気を吸ったり、急に走ったとき、大笑いした後、大泣きした後に喘息発作が出るかどうかということです。気管に慢性炎症が起こっていると気管の粘膜がはれていてヒリヒリしている状態を想像してください。この気道過敏性が喘息の重症度と相関します。気道過敏性を定量的に測定する方法として、一定の運動負荷をかけたり、気管を刺激する薬(ヒスタミン、メサコリン、アセチルコリン)を吸入させて呼吸機能検査を行う方法があります。
(3)激しい運動
運動後にも喘息発作が起こる場合があります。運動後、5〜10分で発作が強くなり、30分もすると治ることがほとんど。
原因は、冷たく乾燥した空気をたくさん吸い込んでしまうことで気管支が収縮してしまうからです。そのため、大笑いしたり泣いたりした場合も呼吸が速くなるので、同様のメカニズムで発作が起きてしまうことも。
運動が原因で喘息が繰り返し起こってしまい、運動が苦手…と思い込んでいる子が多いことが現状です。
(4)アトピー体質
アトピー体質というのは、ダニ、ハウスダスト、動物の毛、フケ、カビ、花粉などの環境性のアレルゲンに対して即時型アレルギー反応を起こすIgE抗体をつくる体質です。日本人のアトピー体質は、年齢が低いほど高率で、小児喘息患者さんでは90%以上がアトピー体質を持っています。したがって環境性アレルゲンの吸入により喘息発作が誘発されます。

喘息・小児喘息解読・小児喘息の原因と症状ご紹介!

喘息「Asthma」は慢性の気道炎症(好酸球性炎症が典型的であるが、好酸球以外の炎症性細胞が主体のフェノタイプも存在する)、気流制限(典型例では、通常、可逆性あり)、気道過敏性の亢進を病態の基盤に有し、発作性に、呼吸困難、喘鳴、咳などの呼吸器症状をきたす症候群である。これは理論的に解釈であります。

昔には喘息を指す英単語 asthma はギリシャ語の「aazein」という”鋭い咳”を意味する言葉に由来する[10]。この言葉は紀元前8世紀のイーリアスに登場するのが最初とされている。紀元前4世紀にヒポクラテスはこの病気が仕立て屋、漁師、金細工師に多いこと、気候と関係していること、遺伝的要因がある可能性があることを記載した。2世紀にガレノスは喘息が気管支の狭窄・閉塞によるものであることを記し、基本病態についての考察が始まった。

喘息の分類
代表的なものの一つに、幼児期に発症することの多いアトピー型と40歳以上の成人発症に多くみられる非アトピー型の2型のフェノタイプがあります。

喘息の症状
喘息発作時にはこれらの症状が呼吸困難や過呼吸、酸欠、体力の激しい消耗などを伴い、時には死に至ることもあります。気道感染が喘息急性増悪の誘発因子となることが多い。
アトピー型の喘息患者が発作するときにはI型アレルギーにより化学伝達物質が発生するためである。その誘因は細菌・ウイルス、過労、ハウスダスト(埃・ダニ・花粉・カビなど)・食物・薬物などのアレルゲン、運動、タバコ、アルコール、気圧変化などさまざまであります。

一方、非アトピー型の喘息の病態生理はまだはっきりしていない。

小児喘息
小児喘息は成長とともに軽快する場合が殆どである。まれに成人喘息に移行する場合があるります。小児喘息の既往があったとしても、成人喘息患者の ような薬物の制限はない。小児期に喘鳴が認められる場合はウイルス感染、アレルギー、異物の可能性もあります。重要な鑑別疾患としてはRSウイルスによる細気 管支炎があるが、細気管支炎では一日中喘鳴が聴取されるが、気管支喘息はヒューヒュー、あるいはゼイゼイとした喘鳴が夜間に多い。小児喘息の診断には、他 疾患の除外が必要である。2歳から3歳のころ頻繁に喘鳴を繰り返して、また、幼児は小児喘息に移行するリスクが高いと考えられている。
春先や秋など小児喘息が発作の好発時期であります。また、3歳から5歳の発症が多いです。

小児喘息の症状
1.ゼーゼーやヒューヒューと呼吸困難になることです。

2.夜間や明け方に咳き込みやすいです。

3.息が苦しく、肩をあげて呼吸することです。

4.首の前や鎖骨の上、みぞおち部分をへこませながら呼吸することです。

5.台風など気圧の変化が大きいときに具合が悪くなる ことです。

6.風邪薬や咳止め薬を飲んでも症状が治らないことです。

7.ホコリを吸い込んだり、動物に近づくと息苦しくなることです。

8.処方された気管支拡張薬(テオドールなど)が効いて症状が改善できます。

治療薬
1.吸入ステロイド薬
喘息は「慢性炎症性疾患」と位置づけられましたが、この炎症を抑える作用が最も強い薬がステロイド薬です。

2.抗アレルギー薬  >>抗アレルギー薬の購入はココ
吸入薬としてDSCG(クロモグリク酸ナトリウム)があり、非常に安全性の高い薬で、3種類の吸入方式が選べます。

3.ロイコトリエン
ロイコトリエンは、白血球に作用し炎症組織に必要な細胞を招集、血管収縮と気管支収縮に関して強力な効果を持ちます。また、軽症持続型以上で適用となり、中等症持続型以上では、吸入ステロイド薬と併用されることが多い薬です。

治療方法
一般的治療方法
1.アレルゲンの発見とその除去することです。

2.適度な運動をします。

吸入療法
吸入療法は疾患のある部位で、病変部に直接薬剤投与するので、すばやい効果が期待でき、かつ副作用も少ない治療法です。

喘息の程度
1.軽症間欠型:症状は軽度で短いです。

2.軽症持続型:症状は週1回以上、しかし毎日ではないです。

3.中等症持続型:症状が毎日あります。

重症持続型:症状が毎日、日常生活にも制限されます。
オススメサイト情報
レビトラ個人輸入通販サイトによってED改善薬レビトラは経口のPDE5阻害剤で、他の有名なED治療薬物バイアグラ、シアリスと違います。即効性は素晴らしいです!